自分にあったものを選ぶ・基本です。

2012-11-08

薬でも症状や個人によっては効き目も違いますよね。

頭痛で悩まされていた私は、病院で鎮痛剤を処方してもらい服用していました。

しかし、その鎮痛剤では効かなくなり、痛みも変わってきたのです。

早速、医師に相談したところ片頭痛でした。

症状から診断してもらい片頭痛の薬を処方してもらいました。

服用するとすんなり痛みも治まりました。

頭痛でも細かく分析すると、なんと200種類くらいあるそうです。

薬もやはり症状によってあるのも納得ですよね。

化粧品でも個人の肌質によってあう、あわない、

効果がないなどとありますよね。

成分が同じものが使用されていても

配合率や使用の方法でも個人差もありますから。

同じようにサプリメントや健康食品も自分にあったものを選び、

使用するのが効果もあり基本ではないでしょうか。

基本的にあっていないものを使用していても効果が得られないのは当然ですよね。

耳のないバニーガールのようなものです。

そのためには成分、配合率、効能をしっかり把握することが大事です。

とは、いってもつかってみると効果がイマイチ。

の場合でも化粧品でも化粧水、美容液と他のものとかけあわせ使用することにより

効果が得られることもありますので成分の体質を調べて選ぶことも大事です。

 

 

 

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.