コンプライアンスを守る弁護士の存在と健康食品の企業

2012-11-23

健康食品を選ぶ際に、成分や内容や効果などで選ぶ方法は確かに正確です。

中に含まれている成分で、判断しているわけですから、間違う要素も少ないはずです。

こういった選択肢は、誰でも行うことです。

そこで違った視点を考えてみたいと思います。

健康食品を作るのも企業です。

こういった企業の安心感がなければ、なかなか口にするものは買いにくいのではないでしょうか。

企業には法務部などが設置されている場合があります。

現在、企業は社会に対して、自社が法令を遵守している姿勢を見せなければなりません。

違法な行いをしているような会社は認めてはならないもので、

社会全般の健全化のためには危ない存在です。

そこで自社が社会的にも、確実に法令を守っているということを見せなければいけないのです。

こういった考えのもとでは法務部などの存在が必要で、中には企業の弁護士とも言える

企業内弁護士がいたりするのです。

こういったことには、生産性がなく、会社に対して利益をもたらす組織ではありません。

ですが、会社を守る組織であったりします。

そのため内外に組織の存在やあり方などを公表しています。

そういった企業の商品を買うことも、安全に健康食品を選ぶ一つのコツでもあるのです。

 

 

 

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.