オススメや推奨だけを判断材料にしない

2012-12-24

自分にあった健康食品を選ぶとき、どれが一番自分にあっているのか

悩んでしまうケースは多いものです。

同じような効果を期待できるサプリメントであっても、発売している

メーカーによって豊富な種類があるのです。

そのため、ひとつ試してあまりあわなかった・・・ということで、

新たに次のものを試し、そして次にはまた別のものを・・・

といった具合に、さまざまなサプリメントをためしてしまうこともあります。

大抵は1ヶ月摂取分ごとに売られていますから、毎月違った

サプリメントを摂取していることにもなるわけです。

しかしサプリメントは薬ではありませんから、摂取して

すぐに何らかの変化が見られるというわけではないのです。

そのため、人によってはじわじわと体調に変化が見られ、数ヵ月後に

症状が改善された・・・ということも珍しくはありません。

こうなると一ヶ月では商品の良し悪しは判断できないということにもなるのです。

銀座で焼肉を食べたい人がオススメのサプリメントを探している場合、

焼肉をよく食べる人の意見をまずは聞いてみましょう。

しかしオススメや推奨は人によって異なりますから、まずは多くの人が

良いと言う商品を試してみるのが無難かもしれません。

そしてすぐに別なものを試してみるのではなく、数ヶ月ほど

ためしてから結論を出してみても良いでしょう。

サプリメントも種類に合わせて、切りかえるポイントを変えるのが重要です。

 

 

 

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.