気持ちで効果がかわる健康食品

2013-01-25

自分に合った健康食品選びほど、難しいものはないかもしれません。

薬ならば比較的すぐに効果が現れますが、健康食品の場合はそうではありません。

すぐに何かしらの変化が見られるという人もいるかもしれませんが、

本来そのように強い成分などは含まれていないものなのです。

健康食品は長く継続して摂取することで、

健康を維持することを目的としています。

そのため飲んでいるとなんとなく体調が良いと思う程度なこともあります。

また、本人の思い込みによって効果の程が違うことだってあるでしょう。

気持ちひとつで薬も健康食品も、高い効果が得られるようなこともあるわけです。

回春やマッサージを行った場合であっても、自分が満足するかしないかによって、

高いお金を払ったことに価値があったかどうかを判断することだってあるでしょう。

何事も、高いお金を払っても満足できない場合だってありますから、

まずは試す前に、気持ちの整理をしておくことも重要かもしれません。

せっかくお金をかけるわけですから、そのお金を使うことが自分にとって

重要なことだという気持ちを持って望むわけです。

そもそも、効果が得られないと思って健康食品を摂取することに意味はありませんから、

それならば、節約もかねて最初から摂取しないほうがいいともいえます。

気持ちの持ちようで体調が変わるのであれば、

あえて何もしなければ案外健康が保てるかもしれません。

 

 

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.