健康食品の正しいあり方を知るようにレーシックの知識も

2013-03-30

少し前から良く聞くようになったレーシックですが、レーシックって一体どういう事をするのか、知りませんでした。
そこで、少し調べてみたのですが、レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種だそうです。

目の表面にエキシマレーザーを照射して角膜の曲率を変える事によって、視力を矯正します。
目の表面、いわば角膜を削るっていう事みたいです。
私は極度の近視です。そして乱視も入っています。

レーシックというと、近視の人の為の手術だというイメージがありました。
少し前までは近視の人が受けていたようですが、最近では乱視の人の為にも出来るレーシックもあるそうです。

私は、過去に斜視で手術を受けた事があります。
かなり小さい時で幼稚園児だったのですが、目の手術をするという事はあまり記憶にないのですが、手術した後の事は今でもハッキリと覚えています。
両目とも手術したのですが、眼帯を取るまでちゃんと見えるのかとても不安でした。
斜視自体は、視力と関係しているのかどうか分からないのですが、今でも疲れが溜まっていたり、ストレスがあったり、体調不良の時などには斜視が出てきたりします。

今では自分で斜視になっている状態が分かるので気をつけるようにしているのですが、もともと近視も乱視もひどいため、かなり目に負担がかかっています。

レーシックで乱視と近視が治るなら、ぜひ受けてみたいと思っているのですが、目の手術はかなり怖いです。
リスクも承知の上で受けなくてはいけないので、実際に受けるまでにはまだまだ情報収集をしていかなくてはいけないなぁと思っています。

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.