運動療法や健康食品を取り入れてコレステロール値の改善

2013-06-12

私はとにかくお酒が大好きで、飲酒を始めたときから、ほとんど毎日飲み続けてきました。
風邪をひいても、どんなに体調がすぐれなくても、必ず1杯は、アルコールを含んでいる飲料を摂取してきました。

「休肝日」の必要性が当然のように、推奨される昨今においてもそのスタンスは変わりません。
幸いにして、アルコールを分解する酵素とやらを生まれながら授かっている方のグループに所属しているらしく、よほど飲みすぎない限り二日酔いになることもなく、
「もうお酒なんか見たくない」と思いつめることもありませんでした。

こんな私の血液環境が良好なわけがありません。
社会人となり、会社で実施される健康診断の結果で、毎回引っ掛かってしまうのが、飲酒歴を最も顕著に反映するとされる「γ-GTP値」です。
正常値が50以下、正常値の上限が100とされるこの項目で、私は常に毎回その数値をUPさせてきました。

さすがに私もγ-GTP値が500を超えた時点で危機感を覚え、飲酒の仕方や運動療法を試み、正常値の上限付近まで数値を下げることができました。

ただ何故か、脂っこいものを好まず、あっさりとした食事を好む
どちらかと言えば小食な私が、コレステロール値を改善することができません。
コレステロールの低減に効果があると言う、魚もよく食べている方だと思います。

コレステロール値を引き上げる食材で、私が好んで摂取しているのはマヨネーズぐらいだと思うのですが・・・。

効果的なコレステロール値の下げ方を知りたいです。
最近こちらのサイトhttp://kenkoumaniti.jp/koresuteroru.htmを参考に健康に気を配っています。

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.