マンションに太陽光発電を設置するためのハードル

2013-07-05

マンションに於いて、太陽光発電を成功させるための幾つかのハードルを述べます。
設置箇所についてマンションの外壁、屋上、敷地内と設置するための可能な箇所は幾つかあります。

設置箇所を決定するとにも賛否様々な意見が出てくるものと思うし、その設置箇所が、新設時及びメンテナンスの費用負担を決める事に影響を与えではと考えます。
入居者が全会一致して賛成ならば全く問題ありません。

しかし、導入に賛成せず、なおかつ設置することもしない方がいる中で、費用負担を決める手続きが一つのハードルになると考えます。解決策の一つとして、売電により収益が上がった場合はその収益を入居者全員に配分することにすれば話は変わるかも知れません。

次のハードルは太陽光発電の使用量とそれを配分する装置が開発されているのかというハードルです。

発電電力量を一括集めて、それを装置にて配分するかそれとも使用の早い入居者が優先的に使用し、その余剰電力を次の利用者に配分する。
最後になった入居者には太陽光発電電力の使用が不可能となる。
このような方法は採らないと思います。

多分最初から使用量を配分して、その配分量を超える場合は電力会社の電力を使用するということになるのでしょうか?
それとも、マンション全体の使用量で管理して、結果を収支配分をすることにする方法でしょうか?
いずれにしても信頼できる装置の存在がマンションの太陽光発電の設置についてのハードルを下げることになりそうです。

Copyright(c) 健康食品の正しいあり方、良い健康食品はこう選べ! All Rights Reserved.